WEB

一昨日のアドベントカレンダーでは、踊れる人は踊って、ベリーメリークリスマスと爽やかに締めましたが、早速戻ってきました、ふたさんタさん。

クリスマスの時期になると友人の話を思い出します。
彼が小学生の頃にもらった、丁寧に梱包してあるクリスマスプレゼントは、「自宅の小屋にあったサッカーボール」だったそうです。
お母さんに問いただしたら、「うちはクリスチャンじゃない!!」と怒られたそうです。
サンタさんがお母さんタだと、すぐにわかったみたいです。


さて、クリスチャンも儒教っ子もプレゼントがほしい良い子のみんなと一緒に合唱したいと思います。
みんな〜、元気に叫ぼうね!!
せ〜〜〜〜のっっっっっ
!!!!!!!!!!!!!!!!  a-blog cms Advent Calendar 2020  !!!!!!!!!!!!!!!!


他の参加者さんのように、小難しい小文字の羅列や洒落たデザインはありませんので、ど根性と熱血で駆け抜けます。

a-blog cms界隈の皆様、はじめましてだと思います

一応アクセス解析がメインのお仕事だと思っていたのですが、どうやら最近はそうでもないと思い始めた今日このごろです。
お仕事を一言で表すと、「現場から届くドロッ泥に血塗られたお便りをいち早く心を込めて開封するお仕事」です。


アップルップルさんとのお仕事は、こちらにまとめております。
某メルマガでお取り上げいただきました記事で、アクセスも増えました。(当社比)


場が温まったところで本題です。

CMSはおすすめが分かれますけど

ぼくはフリーランスなので、絶対にここのサービス(CMS)を利用しなきゃいけないとかはありません。
それでもメインで普段利用するCMSは、a-blog cmsかWordPressの2つがほとんどです。
予算や目的に応じて、Jimdoでしょうか。

最近はサイト制作をすることがなく(キャパシティ的に難しく...)、制作会社さんにディレクション含めて丸投げしている状態です。

そのため、わざわざ「CMS指定」でご相談いただくことはほぼありません。
もうちょっとざっくりとした、売り上げあげたいんだよね~みたいなご相談が多いです。

クライアントさんもCMSやWeb広告への知識が深い方が多いわけではないですし、何より、CMSを変えたら事業の課題解決に繋がるかどうかはクライアントさんごとに考えるべきです。

じゃあ何でCMSを選ぶのか?

ここで、自社の課題と照らし合わせるべきだと思っています。
自社の課題を解決できる(又は解決に近しい)CMSの特徴を知っておくことが重要かなあと。
だからこそ、各CMSのメリット・デメリットを把握した上で選定が必要です。
対面する人が機能を知っていたり、クライアントさんのゴールを把握しておくことが大事です。

あとちょいと逸れるかもしれませんが、個人的には、自分の家族に売れるものでありたいと思います。
先日、古い友人からサイト制作したいと相談をもらって紹介した会社さんは、ちゃんと勧められる会社であり、CMSでした。
そのあたりは非常に大事だと思っていまして、CMSやサイトデザインだけじゃなく、制作会社や中にいるスタッフさんとか、仕事のスタンスや思想が大事ですよね。

ホームページは作成の目的がありますから目的のままに作ることがよろしいんですよ

そうなんですのよ。
ホームページは作成する目的がありますのよ。

冒頭でご紹介した一昨日の記事でもだいぶ書きましたが、コロナが流行してから、ますますWebの意味がわからなくなってきました。一体、Webとはなんなのか?
哲学的なことを言いたいのではなく、Webに果たせる役割をもう一度考える必要があるのでは?というお話です。

厳しい世の中だからこそ、ホームページ作成の何かしらの目的はあるはずなんです。
ただ単に売上を上げたい。というのも良いと思うんですが、もう一歩踏み込んで、〇倍くらいは目指したいとかがあると良いかなあと。
売上を2倍にするのと5倍にするのでは、必要になる広告費や社内のリソースが異なりますし、売上5倍になったらそれを受け入れられる組織になっているのか?なども考えないといけないです。

ただただホームページを作りたい。ではなくて、現在の状況や今後の目指す先を考えた上で、ホームページを作りたいです。

よしんば良いサイトを作ったとて、それだけで目的達成できるわけではないのですよ

結局ここなわけでして。
現場からドロッ泥のお便りが届くのも、この付近に理由が潜んでいるわけでして。

サイトを作ることがゴールになってしまったらそれ以上に成長はなく、自社内もしくは外部の人に運用してもらわないと、サイトが育ちません。

その点、a-blog cmsはぼくがディレクション時にコンテンツをある程度作っていけるくらいの難易度なので、育てていけるサイトを作れるのだとも思います。(井斉さんと菅原さんが鬼のようにサポートしてくれていますが...神)

あと、良いか悪いかわかりませんが、未だに1系のサイトが現役で稼働しています笑

じゃあ目的がないままにサイトリニューアルするとどうなるのか?

「なんとなく、良い/悪い」で終わっちゃいます。
ぼくがよく経験したケースは、「デザインがねえ...」みたいなデザインネック。

そもそも誰のためになんのためにデザインを作っているのかが明確になっていないのに、デザインが...となっても改善が難しいわけで...
そのあたりは、クライアントさんの趣味嗜好が存分に含まれているわけで。

まずはサイトを作るのは、エンドユーザーさんのためであって、クライアントさんのためではない。エンドユーザーさんが喜んでくれた結果、クライアントさんの目的が達成されるかもしれないけど、最初に喜んでもらうべきなのはエンドユーザーさんです。
これを履き違えたら、趣味嗜好やらその時の鬱憤やらが入ってしまうので、避けなければならないのです。

企業が企業理念やら経営理念やらビジョンやらミッションやらに立ち返るように、サイトをリニューアルする時も立ち返られる何かがほしいですよね。

まとめ

a-blog cmsのアドベントカレンダーということで何を書こうか迷いましたが、技術の話をするのも違うし、デザインの話も違うので、クライアントさんの立場に立った?お話にしました。
CMSは目的を達成するための手段だと思っている人間ですが、それでも、CMSには種類もあるし、メリット・デメリット/開発者や開発社の思想など多分に検討要素を含んでいるので、クライアントさんの目的から逆算して選びたいと思っています。
それでもやっぱり、ぼくは人間なので、人間がわかるCMSが好きです。a-blog cmsの良さは、そこだと思います。
アドベントカレンダーへの参加とかがなければ書くことがないテーマでした。

次の記事は何を書こうかと言われたら、先日購入しましたROBOT魂のヴェルビンの素晴らしさについて語ろうと思いますが、ぼくがバイストン・ウェルに召喚されていたら書けません。

明日は名古屋が誇るアップルップルCTOの伊藤さんです。
記事公開後は、正座できる人は正座し、できない方は音読しましょう。

目的とかの話が出ましたが、目的と目標は違いますし、そのあたりを整理するのに定期的に読み返す本です。


運営堂の森野さんとコピーライターの尾畠さん



すみません、写真1枚しか撮らなかったので、
あとは以下のテキストとぼくの燃えさかる魂で現場をfeelしてくださいませ。



はいどうも始まりました。
久しぶりに更新しますが、ウェブ界隈のディープな内容で恐縮です。

ウェブ関係の仕事をしているなら誰もが一度はぶち当たる、解析関係の大きな壁。
ネットでGoogle Analyticsのわからないことを調べたら出てくる、「運営堂」。
その運営堂に何度裏口入門したことか...

そう、あの、運営堂の森野さんと飲みにご一緒させていただきました。

いつもぼくのぶち当たる壁を壊してくださるのは伊達じゃないくらい、お会いした森野さんはとても(背も器も)大きかったです。



今回、森野さんとのご縁を繋いでくださったのはウェブ業界の方ではなく、
なんと、名古屋の凄腕コピーライターの尾畠(おはた)さんです。

尾畠さん、ほんとうにありがとうございます!!

尾畠さんは不動産関係をメインにコピーを書いていらっしゃる方で、
とあるきっかけで尾畠さんと知り合い、そこからは公私共々とてもお世話になっております。

そんな尾畠さんの会社情報はこちら

尾畠さん運営のこれ面白いです!
日本初、グラバー専門店です!
DMの反応率悪い人はぜひぜひ。



ということで、この記事を読んだら、
森野さんとの初対面をどのように攻略すべきか学べますよ。ってなテーマでお届けしたいと思います。
まだ森野さんにお会いしたことないけど、いつかはお会いしてみたいという方は必読。


First.森野さんの事前情報


徹底的に読みましょう、調べましょう。

運営堂オフィシャルサイト

運営堂Twitter



運営堂のどうでもいいことほどどうでもよくないことはないので、こちらも忘れずに読みましょう。
https://www.uneidou.com/doudemoii/archives/598
ぼくはこちらの記事の『「マジンガー」に惹かれて』に惹かれました。



https://www.uneidou.com/doudemoii/archives/500
短文ですが、こちらの記事を電車の中で読んで吹きました。
聞いてないと思いますが、ぼくが中学時代に学校の図書室にあった横山三国志(全60巻)を6周しました。
高校時代に勢い余って、横山さんの項羽と劉邦、水滸伝、史記、三国志を全て買い揃えました。超絶おすすめ。


Second.会場


これは尾畠さんチョイス。

会場はもちろん。
ちゃいろ。

がブリチキン@藤が丘

どうやらお店の選定基準は、「色」です。
残念ながら2018年6月現在、食べログさんのこだわり・目的からお店を探すには
「ちゃいろ」から探すはありません。

食べログのこだわり
食べログさんの中の方が見てくだされば、サイト改修してくださるかもしれません。
森野さん接待用に。

個人的に絶対にやってもらいたくないのは、「あかいろ」から探す。
辛いのは大の苦手です。
さすがのぼくも通常の3倍早くなります。トイレへの駆け込みスピードが。
そう、彗星の如く駆け抜けます。

「ちゃいろ」オンリーの仕様でお願い致します。


Third.話題


憧れの方(森野さん)に、いざご対面。
言葉ではチープですが、ほんとに憧れの方です。
(でした。と書かないのがポイントだとあえて言おう。ってギレン総帥が。)

やはりお会いしてからも憧れが変わりませんでした。
しっかりと反響出せる人間になろうと思いました。
クライアントの成果を出して、成果の中から対価を頂けるようなお仕事がいいですね。



で、ですね。
一番盛り上がったお話は、

名古屋(末盛通2丁目交差点より東の地域)のめちゃくちゃローカルすぎる話です。

これ読んでくださっているウェブ界隈の方。
期待したでしょ?
ん?ん?
期待したでしょ、反響出る魔法とかあるのかなあって。

反響出る魔法とかって言っている時点でぼくのお里が知れるわけですが。
そこは置いといて。

約5時間ご一緒させて頂いたのに、
半分以上は名古屋のローカル話だったと言っても過言ではありません。

森野さんと初めてお会いする方へ。
事前に名古屋情報仕入れといてくださいね。
大事な攻略ポイントかもしれないです。




森野さんから学んだこと


ちょっと真面目にまとめてみます。


1.なんでもやってみる。


個人事業主の場合、仕事にNOはないです。
どんなことでも断らずに仕事をして、自分の血肉にしていくことが大切。
独学で学ばれた森野さんだからこそ、ものすごく深いお言葉でした。


2.やってみたことは発信する。


はい。ぼくが苦手な分野が来ました。
アウトプットが大事ということですね。
アウトプットの成果物を見てもらっていくことで、勝手にその分野で地位を築いていくことができれば、もう、うっはうは。億万長者も夢じゃない。ぐへへっ。


3.とにかく茶色いものを食べる。


なんと言っても身体が資本。
茶色いものは日本人の肌の色に近いため、健康な身体を維持できるのでしょうか?
業界のTOPの方なのに、ぼくのような駆け出しにもすごく優しくお話くださるのは、
やはり茶色い食べ物を通じて清濁併せ呑む度量をお持ちでいらっしゃるからでしょうか?
ぼくも茶色いものを食して、清濁併せ呑む度量と謙虚さを身につけます。





他にも学んだことはたくさんありますが、
一番大きな収穫だったのは、独学でも頑張ればスキルをカバーできるということ。
スキルが無いから大手企業に入ってスキルをつけてから独立とかではなく、
とにかくやってみて成功も失敗もたくさんして、一つずつスキルをつけていく。
個人で手軽に勉強できる時代になったので、スキルが無いという言い訳ができない環境にあります。
知らないことは調べたり、聞ける人脈を作っておく。
できるようになったら、更に自信がついて成長していくのではないでしょうか。
この出会いがとても良いきっかけになりそうです。(なりましたと言えるようにします)





森野さんのメルマガはこちら
もう、言葉は必要ないはずです。
ウェブ業界の人であれば、毎朝7時に届くメルマガは皆様目を通すはず。
他業種の人にもおすすめです。幅広いジャンルのニュースが届きます。
必読なう。



尾畠さんのメルマガはこちら
毎週読んでおりますが、とてもためになります。
尾畠さんほど、学術的なライターさんにお会いしたことはないです。



尾畠さんにおすすめして、絶賛してくださり、
二人して森野さんへおすすめしたぼくの愛読書。
これに出会って生き方が変わりましたと言っても過言ではありません。

明治の末に生まれて、幼い時に父親の遊ぶ金欲しさに盗人一家へ売り払われた主人公の話。
血より濃い水があるということを、平成の世まで生き残って語り継ぐ。
盗人一家の男意気と人情物語に涙なしでは読めません。





こちらは森野さんおすすめの本。
昨日自宅に届きましたので読んでみます。
尾畠さんも、森野さんのおすすめということで購入されたそうです。



最後に、
森野さん、快く飲みの席をご一緒してくださりありがとうございました!
尾畠さん、粋な計らいでセッティングしてくださりありがとうございました!

まずはやってみるということで、全くデザインしていないこのブログだけど、もう少し色々と試してみよう...


WEB