よもやま話

木々が紅く色づき始めるにつれ、長年蓄えた自前のミートテックが嬉々として活躍を始めております。

今回のブログでは、30歳になった記念に、書きたいことを順序立てずに過去を振り返りながら書くという、まさに「誰得?」記事です。
お手元にお酒がある方はお酒を。お酒が無い方はバーにいる雰囲気を。できればオーセンティックなバーの雰囲気がおすすめです。
ほら、ぼく、オーセンティックじゃないですか、お腹周りが。

最近嬉しかったこと

さっそく誰得Part1です。
唐突ですが、嬉しかったので聞いてください。
ゲッターロボの新作アニメが発表されましたね。
これはもう、とんでもない興奮です。まさに、ファンタスティック。
30歳を機に、正義の心にパイルダーオンしたいこの頃です。

間違えました、ゲッターロボと言えばオープンゲットです。
一致団結したみんなの正義の心をオープンゲットしたいです。


先日30歳を迎えました。

さて、先日お誕生日を迎えまして、30年無事に生きてこられたことに感謝です。
古くからの友人に、「最近お前、親父さんに似てきたな」と言われました。
絶対に似ることはないと思っていたのですが、歳を重ねるにつれて似てるような気がするとも思い始めました。血でしょうか。

父はワンピースで言う覇王色の覇気なのですが、友人からも同じ指摘をいただきました。そこ?とも思いますが。
たぶんこれは、社会人になってからの環境が大きいのでしょう。
自分が似ていると思ったのは、父が口酸っぱく言っていた、物事の筋を通せとかでしょうか。
筋を通せとか時代錯誤も甚だしいというところですが、せずばなるまいことはやると。

20代をぶっちぎれ!

1社目の会社でこのように言われてきました。
まあそもそもぶっちぎるってなんぞ?って話なんですが、いまでもよくわからないです。
しかし、何かをぶっちぎれた気持ちはあります。
自分で自分を褒めたいくらい、真摯に働いたと思います。

また、別の方からは、
20代で大きな成果を残しておけ。
と言われてきました。
うーん、これまた漠然としています。
成果は売上でしょうか?はたまた利益でしょうか?
ここらへんも未だわからないのですが、死ぬ気で頑張れ。と受け取っていました。

そうはいっても自分がすごいわけではなく、自分よりすごい人はたくさんいらっしゃいます。
自分より若手経営者でバリバリやっている方々を見ると、改めて、年齢じゃないと思います。
良いところは学び、切磋琢磨して成長していきたいです。

人生?に迷ったら先人の教えに

三十(30才)にして立つ
と孔子大先生はおっしゃいました。

うん、わからん。
天切り松 闇がたりに出てくる清水次郎長の言葉を借りれば、
「男てえのは、りくつじゃあねえ。おぎゃあと生まれてからくたばるまで、俺ァ男だ、俺ァ男だと、てめえに言い聞かせて生きるもんだ」
と心に命じて生きてきたからには、男として心は立っていました。まだくたばっていませんが。
それとも地に足つけて、ガンダム大地に立つ的な感じで立つことを指しているのでしょうか?
どのみち、男性として、人間として立ってはいたのかもしれません。

結局わかりませんが、孔子大先生の教えではスキル的なものだと思っておきます。
詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さいませ。

たぶん、何かの道のプロになることって大事。って話ではないでしょうか?
このことを人との出会いで実体験を持ってその大事さを気付かせていただく機会が持てたのは幸せなことです。

20代の主な環境

学生時代もちょろっとありましたが、やっぱり印象的なのはサラリーマン時代です。
5年ちょっとしかサラリーマンしていないのに、ほんとに素晴らしい経験をしました。
完全成果主義だったので、人って年齢じゃないなと心底思ったのもこの頃からです。

先程の物事の筋の話じゃないですが、人として大事なことを星の数ほど教えていただきました。
まさに、育ての親がたくさんいる会社です。
血より濃い水てぇのは、あるもんです。

ぼくがウイスキー好きになったのは23歳からでして、
当時の会社にいた超×3強面というか怖い人というかもう、そっちの人に初めてバーへ連れて(連行)されて、
「お前はこれから酒を飲む時、フォアローゼスブラックのロック以外を最初に飲むな」と言われ、
そっからはボトムズのオープニングばりにゲホゲホむせながらウイスキーを飲んでいました。

そんなんでも、数ヶ月もするとウイスキーが好きになりました。

書きながら思ったんですが、そんなぼくも当時のそっちの人と同じ年齢になったんですね。しんみりしました。

30歳を迎えるにあたり行ったこと

これはアニメの視聴ですね。
まだ2周目途中ですが、ガンダムユニコーンです。

可能性を信じるって、本当に素晴らしいことですよね。
あとは人の優しさを信じ切ると言いますか、性善説最強と言いますか。
なんかこう、人の生々しい感情がむき出しになってほんとに好きです。

序盤で語られる、「自分の中の可能性を信じて、力を尽くせば、道は自ずと拓ける。」です。
これが最強です。

アニメの世界なので無理ですが、主人公のバナージ・リンクス氏の爪の垢を煎じて飲みくらい好きです。
とはいえぼくは人間的に未熟に変わりないので、バナージと言わずに、ハナージ・フタムラとでも呼んでいただけますと嬉しいです。

30代の抱負

結論、特にないです。これから見つかるのかもしれませんが。

20代の頃は毎日に必死でした。
いつ死んでもおかしくない人生。だからこそ、必死に頑張ろうと取り組みました。
あとは、21歳の頃、高校時代の友人が突然亡くなったことも大きいです。彼とは亡くなる半年前に、「一緒に金持ちになれたらいいね」って話てたばかりなので。
30歳を迎えるにあたり、ふと思い出してしまいました。

将来のことも考えますが、目先のことを全力でできるように引き続きがんばります。

やりたいことがあったりなかったりの人生です

30代でなんとなくやりたいことが見えてきたような見えてきてないような気がしますが、ウェブマーケ・経営者の大先輩方にたくさん挨拶回りをして、これからの人生、悔いのないようにします。

何者かになる必要はないけども何も残せないのは嫌だけど、このままいったら何も残らない危機感とともに、日々精進してまいります。でも別に、何かを残す必要もないということですし、残された人が望んでいるわけでもないですし、今まで通り生きていきます。

お仕事と生きていくということ

仕事を始めた頃から思っていた、「広小路通で後ろ指をさされたくない」という気持ちは今でも変わっておらず、目抜き通りを自信を持って歩きたいのです。
名古屋なら、広小路、ニューヨークなら7th aveのタイムズスクエアあたりでしょうか。
路(みち)という字が定義ならば、女子大小路も当てはまりますので、そちらの方は三千世界の鴉を殺しておく感じでお願いします。続きの言葉に当たる誰かがいるわけではありませんので誤解なきようです。

女子大小路が好きなのは、20歳で一人旅したマンハッタンのネオンの輝き様と似ているからでしょうか。ネオン街、大好きです。

まとめ

とにかく、関わってくださった皆様に感謝しかありません。
なんだかんだでこうやって、お世話になった方々を思い返しながら書いているのですが、こうやって筆を執れていることが嬉しいです。
定義は難しいのですが、物事の筋を通すことは大事にしてきたつもりで、物事のきっかけを作ってくださった方に自分なりに感謝なり恩なりを感じております。
プライベートも仕事もほんとにここは自分で考えてやり方を通してみてよかったです。

井戸を掘った人を忘れない。という言葉がありますが、自分を育ててくれた人、この業界に導いてくれた人、自分で食べていけるようにしてくれた人など、数え始めたらきりがありません。今でも良い関係であることが心底ありがたく、嬉しいです。

まだまだ未熟者ですが、これからも自分のペースで頑張っていきますので、背中でお返しできるような人間になります。
でも、本当に本当に困ったら、ご相談させていただきます。親だと思っておりますので。


誰の何の得にもならない記事。
画像からは伝わってこないのは、そう、硝煙。

むせるとはなにか?


まずは黙ってこの動画を御覧いただきたい。


そう、かの有名な、装甲騎兵ボトムズのOPである。
OPにあるように、むせる。80年代からずっとむせつづけて、はや令和。
コロナなんて屁でもないくらい、むせる。

続いて、この動画を御覧いただきたい。
予告は一つで満足だと思うが、ここまで見て初めて、タイトルの話題に入ることができる。


どうだろうか?
我ながらむせる世界観を共有できたのではないかと自負している。

ウェブマーケティング業界に置いてむせるということ

わたしはウェブマーケティング業界の隅っこのほう。
100年とは言わぬが、20年ちょっとは戦争している惑星。

食う者と食われる者、そのおこぼれを狙う者。
このような人間が暗躍する中、生きている。
人間的な、あまりに人間的なそんな響きがそぐわない。

次回予告と横文字

ここに共通点を見出したので、筆を執った。
次回予告のようにまるでわからない横文字。
第29話 二人 を参考にしよう。

過去からの銃弾が、魂を射抜く。
傷ついた魂は、敵を求め暗闇を彷徨う。
レッドショルダーの光、レッドショルダーの影、レッドショルダーの痛み。
砕けたはずの過去、死んだはずの過去が、キリコの新たな謎を発掘する。
次回「幻影」。
病んだ魂は、戦いに安息を求める。

ブラックハットSEOのことを指していると取れなくもない。
しかし、多少の無理は伴う。
無理を通して道理を蹴っ飛ばしていく惑星であることも事実。
そんな曖昧なウェブマーケティングの世界を生きている。

結局何が言いたいのか?

ウェブマーケティングで使われる用語は次回予告と変わらない。

そんなわたしは、全てを失くして酸の雨に濡れ、
今を生きるために、命を的に夢買う銭を追っている。

明日の朝生き延びているなら、
ちゃちな信義とちっぽけな良心で瓦礫の街に金を蒔くのかもしれないが、
いつもと変わらぬ火中の栗を拾うことを最優先に生きていく。
泥水すすってでも。


どうも、名古屋の下町育ちのぼくです。
そんな下町にも、有名なお食事どころがあります。

そう。
今回のテーマである、麺屋はなびです。

名古屋市中川区にある高畑駅から徒歩5分もかからない程の距離にある麺屋はなびは、台湾まぜそば発祥のお店として有名です。

そのため、わざわざ台湾まぜそばを食べに中川区まで来てくださる方もいるみたいで。

中川区民を代表して申し上げます。

大変恐縮です。

このブログを書いた理由


もちろん台湾まぜそばを食べたことがあります。

しかし、一番おすすめなのは、
塩ラーメンです。

大事なので、もう1回。

一番おすすめなのは塩ラーメンです。

初めて塩ラーメンを食べた時の感動は忘れられません。
ぼくの中では、はなびと言えば、塩ラーメン。

程よくあぶられたチャーシュー。
透き通るようなスープ。
そして何より、スープに良く絡む麺。

細かいこと言えば色々ありますが、
ほんとにおすすめなんです。

で、ですね。
はなびと言えば台湾まぜそば的な風習がとても強く、
私としては如何ともし難い心境ですので、ここらで一言申し上げておこうと思い、
僭越ながら筆を執らせて頂いた次第です。

結論から入っていきますと、
台湾まぜそばが流行ったのは、塩ラーメンの存在があったからだと思っているんです。

あれだけの塩ラーメンの味を出せたからこそ、
塩ラーメンで集客ができて、ファン化したお客様が
「じゃあ新メニューの台湾まぜそばを食べてみよか」
みたいな感じになったのではないでしょうか?

圧倒的な塩ラーメンという商品力があったからこそ、
台湾まぜそばの認知度を高める(食べる機会を増やす)ことができたはずです。

塩ラーメンなくして、台湾まぜそばなし。
そう言っても過言ではないと思っております。

経営に置き換えると


ぼくは経営コンサルタントではありません。
そのため、
「経営的にはこうだー」
のようなご指摘を頂いても、
「あぁ、そうですか」
としかお答えができません。
すみません。

個人的な意見として言いますと、
どの企業でも目玉になる商品が必要で、
その商品に満足をしてくれた顧客が、
ようやく次の商品購入にいくと考えています。

まずは、自分が一番実力発揮できる自信のある商品を作らないと。

それが、はなびの塩ラーメンなのかなんなのか。
ビジネスの現場に置き換えると、
はなびの台湾まぜそばが普及するまではとても参考になるものが多そうです。

そんなことを思いながら、
先日ははなびの塩ラーメンをすすってむせておりました。

ということで、
ぜひはなびの塩ラーメンを食べてみてくださいね。



最近、宇宙戦艦ヤマトを全話見ました。
はなびの必殺技(塩ラーメン)ならぬ、
ご自身の必殺技(波動砲)を見つけられるはずです。
プライム会員なら全話無料。
あなたのイスカンダルへお急ぎください。


どやっ!!!

おすすめの本です



そこそこ渾身の力を振り絞ってピックアップしました。

いや、全て紹介しきれていないんですけど...

各方面の方々からご紹介いただいたビジネス書とか一切紹介していないのでちょっと恐縮ですが...



良い小説は、ビジネス書以上に学びがある!

という鋼の強度を誇る持論のもと、ご紹介をしました。





初対面の方に、本好きですってお話をすると大体の方がおすすめの本を教えてくださいってお話してくださいます。

素直に嬉しいです。

もっぱら歴史小説か伝記ばかりですので、あまり参考にはならないかと思いますが、

少しでも何かのプラスになれば嬉しいです。



そういえば、ずっと更新が止まっているように見えるんですが、

実績を入れたり自己紹介をモリモリに書いたりSSL対応したりとこまめにテコ入れはしてるんです。

SSLに関しては、リダイレクトをまだしていないページがあるので、そこはご容赦を...(笑)



日々の作業に追われてアウトプットまで手が回っていないぼくでした。

久しぶりに短文ブログです。


(真面目な話だよ。今回。)


東日本大震災の時、モンゴルが多額の義援金を送ってくれていたという事実




いきなり偉そうですみません。

2011年の東日本大震災の時、モンゴルが日本へ寄付してくれたことをご存知ですか?

実は多額の義捐金を送ってくれていたのです。
それがこちら。
震災発生翌日の3月12日には、モンゴル政府による日本への義援金口座が開設され、バットボルド首相からは、「日本は、モンゴルが民主化した後、非常に厳しく困難な時期に力になってくれ、今でも支援を続けてくれている。モンゴルの最大のドナー国である日本の国民が被災されているこの時期に、我々モンゴル人は力になるべきである」とのメッセージが発表されました。

また、100万米ドルもの政府義援金の他、国家公務員全員とウランバートル市役所職員全員が1日分の給料を義援金として拠出することを決定したのをはじめ、多くの民間企業や個人の皆様からも日本への寄付が表明されました。政府の義援金口座に集まった金額だけでも日本円にして約1.5億円に達しており、海外での災害に対する支援としては、過去に例を見ない大きな運動が広がっています。

出典:独立行政法人 国際協力機構

恥ずかしながら最近知りました。
特に2つ目のウランバートルと国家公務員全員の1日分の給料が義援金として寄付されていたなんて...

泣ける。

みなさんが1日分、日本のために働いてくださったと。

そして、この行動に至った背景として、日本はモンゴルに多額のODA(政府開発援助)を行っていたこと。
これで数々のプロジェクトが実現したことも親日のプラス要素に。
(多額のODAを行ったのは、共産主義から脱却するため。)

大変無知でございました。
まだまだ寒い日が続くのに、これを知った時は脇汗だけで2リットル出ておりました。

名古屋に住んでいると、
モンゴルと言っても普段は全く接することのない国で、漠然としかイメージを持っていませんでした。
まさにこんな写真のイメージ。

モンゴルのイメージ図

モンゴル語ってどんな言語なんだろう。
相撲業界にたくさんモンゴル人がいる。
モンゴル帝国ってどえらい強かったよね。
テントのような家がある。
どえらい寒そうな感じ。
うまウマ馬。

とかとか。
あとは羊の肉を食べることでしょうか。
ぼくは羊の肉好きです。
だれか食べさせてください。
他人から無償で頂く肉は、どの獣よりもよだれ垂らして食べます。


なぜモンゴルと震災義援金の話を出したの?


それはですね。
とあるご縁を頂きまして、モンゴルと交流を持っている方々から教えて頂きました。

日本へ進出したいモンゴル企業をサポートするというかたちで
日本からモンゴルへの恩返しをする企画があるというのも知りまして。

その進出企業の内容が、モンゴル産の馬肉を使ったドッグフード。
(無添加・高栄養価・安心・アレルギーのある子におすすめ)

【愛犬家必見】天然ハーブで育った100%馬肉ジャーキー(無添加)を応援するPJ



キャンプファイヤーでございます。
よろしければぜひ。


ご家族のわんちゃんに健康的なモンゴル産の馬肉ドッグフードを。
日本ではまだまだ供給量が少ない馬肉ですので、とても貴重かと思います。

ご支援頂けた方、ぜひご連絡くださいませ。
ぼくがご自宅に食べに伺ってもよいです。
そういうサービスも希望制で導入します。
わんちゃんと一緒に食べますので、非常に食卓が賑やかになるかと思います。

ええ。
他人から無償で頂く肉は、どの獣よりもよだれ垂らして食べます。



ドッグフードを通じたモンゴル企業の支援について


(ぼくはわんちゃんを飼っていないのに、偉そうに書いてすみません。)

モンゴル企業の支援の一環で行われる馬肉ドッグフードの日本進出。
歳を重ねて食が細くなったわんちゃんやアレルギーを持っているわんちゃんにとても良いとのことです。

また、ペットフードの市場規模は上昇傾向とのことなので、狙い目としてはよいのではないでしょうか。


データはこちら。

今後のモンゴルからの企業進出はとても楽しみです。
日本への好印象を持ったまま来てくれれば、双方にとっても交流がしやすいですし、
何より、品質が良ければ適切なアプローチをすることである程度は売れるはずです。
どんどん日本へ進出して、お互いの活気が出るといいなと思います。
(個人的にはモンゴル産のカシミアを使ったセーターとストールがほしいです。だれかください。)

さて、話は少し逸れましたが。
ぼくはわんちゃんを飼っていないので、支援をすると自分の餌用になってしまうのですが。

わんちゃんに健康なものを食べてもらいたいという、天使のような飼い主さんや
ふたむらくんへの餌にという、堕天使のような雇い主さんもぜひご支援を。
あとは、3.11の時に支援してくれたモンゴルのために...


言いたかったこと


1.モンゴルが東日本大震災の時に国をあげて多額の支援をしてくれた



2.だから、日本へ進出をしたいモンゴル企業をサポートする



3.恩の返し合いって素晴らしいことだと思います。(真剣)








最近のおすすめはこちら。
海の翼


これ、今日のテーマとめちゃくちゃ関連してますです。
日本とトルコのお話。号泣です。
トルコが親日だと言われる理由がわかりました。
大破したオスマン帝国の船を明治時代の民間人が助けて賞賛されます。
その恩返しが泣けます。
エルトゥールル号遭難事件などを学校で教えてくれると、歴史や国際情勢ってもっと楽しいと思うんだけど...